会員ページ

「二枚目」という言葉は、もともと歌舞伎のファンの間で使われていました。
歌舞伎の芝居小屋の看板の二枚目に優しい仕草や言葉遣いをする美男子(イケメン)役の名前がかかげられていたことから、「二枚目」は「美男子」を意味するようになりました。
因みに、「一枚目」は「主役」、「三枚目」は「道化でお笑い担当」、「四枚目」は「まとめ役」、「五枚目」は「敵役」、「六枚目」は「憎めない敵役」、「七枚目」は「悪の黒幕、大ボス」、最後の「八枚目」は「座長」ということになっています。

歌舞伎から生み出された言葉には、実に沢山の言葉があり、日常生活の中に根差しています。

「十八番」「板につく」「裏方」「お家芸」「大立ち回り」「大詰め」「御曹司」「楽屋」「口説き」「黒幕」「柿落とし」「こ注進」「差し金」「芝居」「修羅場」「正念場」「捨て台詞」「だんまり」「ドサ回り」「どんでん返し」「世界」「泥仕合」「なあなあ」「のべつ幕なし」「幕の内弁当」「花道」「見せ場」「めりはり」等など。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト