団体概要

日本の伝統文化を支えるヒトやモノが今危機に瀕しています。大量生産・大量消費が当たり前となってしまった現代において、日本で古くから行われてきた手間ひまかけた手仕事や、師匠から弟子へと受け継がれてきた芸能は、多くの若者にとっては経験したことのない非日常であり、過去の遺物になってしまっているのです。

文化というものは生活の中に息づいてこそ文化と言える、と私は思います。既に過去の遺物になりつつあるものを保全するだけでは文化を救うことはできません。現代社会の生活の中に取り入れ、日常の一部として生かすことができなければ、我々の記憶にある日本の伝統文化は衰退の一途をたどるばかりです。

「心游舎」という名前は、このプロジェクトに参加して下さるたくさんの方たちの心が遊ぶ、心を遊ばせられるような場所になればよいな、と思いつけたものです。心游舎の活動の目的は、日本の未来を担う子どもたちが、少しでも多くのよき日本文化の記憶を持ち、 それを未来に伝えて行くための場を再生することです。

かつて文化人が集い、文化の発信拠点であった神社や寺が心游舎の活動の場の中心です。 その場所で、さまざまな分野で活躍する伝統芸能や美術工芸の担い手、日本の歴史・文化の研究者たちが、子どもたちに「本物」の日本文化を伝えます。それぞれの地域で育まれてきた伝統文化に注目し、楽しみながら生活の中に取り込んでいく。そうして、現代社会に日本の文化を残す新たなカタチを創造します。

 入会していただきました方々の会費、ご寄付いただきましたご浄財は、講師への謝礼を始めとする心游舎の運営費として使わせて頂きます。皆様のご理解・ご協力を偏にお願い申し上げます。

心游舎総裁 彬子女王

彬子女王

あきこじょおう

1981年12月20日、寛仁親王殿下の第一女子として誕生。
学習院大学を卒業後、オックスフォード大学マートン・コレッジに留学し、日本美術史を専攻。
海外に流出した日本美術に関する調査・研究を行い、2010年に女性皇族としては初となる博士号を取得。
主な著書に「最後の職人ものがたり: 日本美のこころ」「日本美のこころ」「京都 ものがたりの道」「赤と青のガウン」など。

一般社団法人心游舎

<大阪(事務局本部)>

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場1-6-12 ブルーク長堀橋ビル10F

<東京>

〒107-0062
東京都港区南青山2-15-5 FARO 206号室
Tel/Fax:03-3408-5655

<京都>

〒614-8588
京都府八幡市八幡高坊30
TEL/FAX:  075-983-0610

総裁
彬子女王
代表理事
森川太郎
理事
西高辻信宏
千家徳比古
乾光孝
琴陵泰裕
松山幾一
小山良磨
相談役
千家尊祐 出雲大社宮司
西高辻信良 太宰府天満宮宮司
顧問
一澤信三郎 一澤信三郎帆布代表取締役社長
川嶋將生 立命館大学名誉教授
小林 忠 学習院大学名誉教授
千玄室大宗匠 裏千家前家元
田中恆清 石清水八幡宮宮司
山田宗正 大徳寺真珠庵住職
吉岡幸雄 染織史家
Etsuko & Joe Price
賛同者
尾上菊之助 歌舞伎俳優
黒川光博 虎屋17代当主 代表取締役社長
神戸智行 日本画家
千宗屋 武者小路千家家元後嗣
田辺小竹 竹芸家
中村勘三郎 歌舞伎俳優
室瀬和美 漆芸家 重要無形文化財保持者(蒔絵)
森口邦彦 友禅作家 重要無形文化財保持者(友禅)
若宮隆志 漆芸家